お参りのいざない
本堂造立中

秩父連山を背後に従えた奥座敷・越生町。
梅の名所としても知られる小さな町に、清凉山・泰雲寺は位置しています。
開祖は室町時代と言い伝えられ、敷地内の大日如来碑が400年の歴史を伝えてきました。
また歴史を見守り続けてきたのは、優美な趣で整えられた60本の梅の木々たち。
毎年、2月末には可憐な花を咲かせ、寺社内は甘い香りで包まれます。越生梅林をバックに壮麗な景色が広がる泰雲寺で、穏やかなひとときをお過ごしください。